宮城のニュース

<みちのく杜の湖畔公園>ひな飾り古民家彩る 衣装を着て記念撮影も

古民家に並んだ華やかなひな飾り

 宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園で、かやぶき屋根の古民家に展示されたひな飾りを見て楽しむ催しが開かれている。3月24日まで。
 園内のふるさと村にある古民家5軒と多目的ホールに、8段飾りなど計17組が並ぶ。町内外の住民が家で飾らなくなった人形を公園に寄贈した。
 古民家のうち「鳴瀬川河畔の家」では、女児がおひなさまの衣装を着て記念撮影できる。3月3日午前10時半からは「釜房の家」で、桜餅作りを300円で体験できる。
 入場料は高校生以上450円、65歳以上210円、中学生以下無料。連絡先は公園管理センター0224(84)5991。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月28日木曜日


先頭に戻る