宮城のニュース

プレハブの社交場 煙とともに消え行く?

 ◇…宮城県涌谷町役場の敷地内北側にプレハブの喫煙スペースがある。各地で「全面禁煙」の公共施設が増える中、辛うじて「社交場」を確保している。
 ◇…2013年に分煙とマナー向上を目的に設け、職員に自粛時間を訴える張り紙も掲げた。床面積約10平方メートルのスペースは、職員や町民の貴重な情報交換の場にもなっている。
 ◇…一方で健康増進の掛け声は強まるばかりだ。「大人のたしなみ」とけむに巻くわけにもいかず「そのうちなくなりますね」と町職員。愛煙家の悲哀が目に染みる。(小牛田)


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月01日金曜日


先頭に戻る