宮城のニュース

警察官装う特殊詐欺、男性が300万円被害

 宮城県警岩沼署は28日、警察官を装った偽札確認名目の特殊詐欺で、名取市の無職男性(88)が現金300万円をだまし取られたと発表した。同署によると、2月27日、署員を名乗る男から「偽札が多く出回っており、あなたの自宅の現金にもその疑いがある。金融庁職員が判別する機械を持って行く」と電話があり、その後に訪れた金融庁職員を名乗る男に現金を手渡した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月01日金曜日


先頭に戻る