宮城のニュース

宿場町に夜のにぎわい復活 富谷で8日「十宮夜市」ワイン・カレー販売

 かつての宿場町に夜のにぎわいをもたらそうと、宮城県富谷市富谷新町の市まちづくり産業交流プラザ前の駐車場で8日、「十宮(とみや)夜市」が開かれる。
 起業志望者らでつくる「富谷塾」塾生や大和町のワイナリーなどが八つのブースを構え、バターチキンカレーや韓国のB級グルメ、ワインなどを販売。筆文字の実演や着付け体験もある。
 十宮は富谷の旧称で、かつて十のお宮(神社)があったことに由来するといわれる。塾生が中心となって実行委員会を設立し、企画した。
 午後5〜8時。連絡先は022(341)2622。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月01日金曜日


先頭に戻る