岩手のニュース

<三陸鉄道>新商品「クロジカせんべい」発売 経営黒字化の願い込め

三陸鉄道が販売する新商品「クロジカせんべい」

 岩手県などが出資する第三セクターの三陸鉄道(宮古市)が、オリジナル新商品「クロジカせんべい」を発売した。経営の「黒字化」達成への願いを込めた。
 しょうゆ味は、岩手県産の雑穀を素材に香ばしくサクサクとした食感に仕上げた。塩味は、岩手県普代村産のすき昆布と宮古市産の塩で三陸の風味が楽しめる。1袋200円(税別)。
 商品デザインには、有志でつくる「三陸鉄道を勝手に応援する会」のキャラクター「クロジカくん」を起用した。久慈、宮古、釜石、盛の各駅と沿線の道の駅で販売している。
 三鉄は2006年、経営難を逆手にとって名付けた「三鉄赤字せんべい」を売り出して話題となった。中村一郎社長は「全国の皆さんに購入していただき、黒字化を目指したい」とPRしている。
 連絡先は三陸鉄道0193(62)8900。


関連ページ: 岩手 経済

2019年03月01日金曜日


先頭に戻る