宮城のニュース

<松島町長選>現職の桜井氏 再選出馬

桜井公一氏

 任期満了(9月10日)に伴う松島町長選で、現職の桜井公一氏(69)が1日、再選を目指して無所属で立候補する意思を表明した。町長選への立候補の意向を明らかにしたのは桜井氏が初めて。
 桜井氏は同日開会した町議会3月定例会の本会議で、2019年度の施政方針演説に続いて「就任以来、活力あるまちづくりに全力で取り組んできた。施策をより一層、具体化するため町長選に出馬する決意を固めた」と述べた。
 取材には「東日本大震災からの復興をあと2年で完遂させたい。子育て環境の充実も図りたい」と語った。
 桜井氏は松島町出身、宮城農高卒。1997年から町議を5期務め、町議会議長から転身し挑んだ2015年の町長選で初当選し、現在1期目。前回は現職との一騎打ちを制した。17年10月から宮城黒川地方町村会の会長。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年03月02日土曜日


先頭に戻る