宮城のニュース

<ベガルタ>石原直、初ゴールも笑顔なし

石原直樹

 仙台の今季チーム初ゴールはFW石原直だった。後半44分、ペナルティーエリア内で相手に倒されて得たPKを自ら決めた。GK飯倉の逆を突く意地の一発にも「もう時間がなかった。後半の立ち上がりに1点返して、相手にプレッシャーをかけたかった」とぽつりと振り返った。
 序盤から攻撃に比重を置いた横浜Mに、自陣に押し下げられた。「受け身になり過ぎて前に人数を掛けられなかった」とFWとして見せ場をつくれなかったのを悔やむ。
 チーム全体で、割り切って守る共通認識はあったが「点を取られたことで苦しい展開になった」と唇をかむ。普段から感情を表に出さないストライカーは「悔しいですね」と語った。


2019年03月03日日曜日


先頭に戻る