秋田のニュース

<吉田輝星>「別れ寂しい」「雑草魂はしっかりと心の中に」 秋田・金足農高で卒業式

卒業式を終え、共に母校を巣立つチームメートとVサインで写真に納まる吉田投手(左端)=2日、秋田市の金足農高

 昨夏の高校野球甲子園大会で準優勝に輝いた金足農高(秋田市)で2日、卒業式があった。エースとして快進撃をけん引し、ドラフト1位指名でプロ野球日本ハムに入団した吉田輝星投手(18)も駆け付け、雑草軍団のチームメートと共に母校を巣立った。
 久しぶりの学生服姿で式に臨んだ吉田投手は卒業証書の授与に際し、在籍する環境土木科の担任から名前を呼ばれると「ハイッ」と大きな声で返事をした。
 生徒会長で応援団長だった同級生の西村朝日さんは、答辞で「私たちはずっとあなたの応援団でありたい」とエールを送った。
 式を終えた吉田投手は「金農での3年間をとても濃く過ごすことができた。別れるのが寂しい」と神妙な表情。「雑草魂はしっかりと心の中に刻み込まれている」と語り、プロ野球生活での精進を改めて誓った。
 吉田投手ら卒業する野球部員はその後、全員でグラウンドに足を運んだ。整列した1、2年生の後輩が「全力校歌」で送り出した。


2019年03月03日日曜日


先頭に戻る