山形のニュース

火災原因はゴルフの素振り?アスファルトこすり火花→枯れ草に引火 寒河江

枯れ草約1300平方メートルが焼けた火災現場=4日、寒河江市寒河江

 3日午後2時半ごろ、寒河江市寒河江の河川敷で枯れ草が燃え上がり、約1300平方メートルが焼けた。寒河江署は近くを散歩していた男性(83)がゴルフクラブで素振りをした際、アスファルトの地面をこすって火花が散り、枯れ草に引火した可能性があるとみて調べている。
 寒河江署などによると、河川敷の枯れ草は素振りをした後に男性の目の前から燃え広がった。男性は近くの屋内運動場「チェリーナさがえ」の職員を通じて119番した。火は約45分後に鎮火し、けが人はなかった。


関連ページ: 山形 社会

2019年03月05日火曜日


先頭に戻る