山形のニュース

<山形・高齢夫婦変死>父殺害疑いで長男逮捕 「話したくない」供述拒否

 山形県朝日町新宿のともにアルバイト柴田節男さん(72)と妻幸子さん(68)が自宅で死亡しているのが見つかった事件で、寒河江署は4日までに、節男さんを殺害した殺人容疑で、同居する長男の無職柴田広幸容疑者(45)を逮捕した。容疑者は「今は話したくない」と供述を拒んでいるという。
 逮捕容疑は2月27日午後6時ごろ〜3月2日午前10時ごろ、自宅1階の寝室で、節男さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑い。
 寒河江署によると、節男さんの死因は窒息死。節男さんと幸子さんは自宅1階にあるそれぞれの寝室で亡くなっていて、節男さんはあおむけ、幸子さんは横向きの状態で発見された。
 捜査関係者によると、遺体の状況から、ともに死後数日が経過していたとみられる。
 節男さんと幸子さんが勤めていた新聞販売所の関係者の話では、容疑者は2月28日未明、販売所に「父が倒れたので休ませてほしい。母も看病で行けない」と連絡。今月1日に自宅を訪れた上司には「2人とも病院に行って、家にいない」と話したという。
 山形県警は2人が2月末時点で死亡し、容疑者がうその連絡で事件の発覚を遅らせた可能性もあるとみて調べている。


関連ページ: 山形 社会

2019年03月05日火曜日


先頭に戻る