福島のニュース

新十両で奮闘誓う 若元春関、福島知事に昇進報告

内堀知事に十両昇進を報告する若元春関

 大相撲春場所(10日初日・エディオンアリーナ大阪)で新十両に昇進する福島市出身の若元春関(25)=本名大波港、荒汐部屋=が4日、福島県庁で内堀雅雄知事と懇談し「不安もあるが自分の良さを出す」と奮闘を誓った。
 若元春関は大柄な力士との取り組みに向け131キロの体重を「150キロまで増やしたい」などと強調。懇談後には「相手に思い切り当たる気前のいい相撲を取っていきたい」と意気込みを示した。
 内堀知事は「8年前の初土俵以降、努力を重ねる姿は復興を目指す福島の姿と重なる」と激励した。
 若元春関は、いずれも同部屋の「大波3兄弟」の次男。昨年夏に昇進した弟で十両5枚目の若隆景関と共に史上20組目の兄弟関取となった。兄は幕下若隆元。


2019年03月05日火曜日


先頭に戻る