宮城のニュース

<啓蟄>春の顔のぞく 宮城県内、陽気

県道沿いで咲き競うフクジュソウ=6日午前9時ごろ、仙台市青葉区熊ケ根

 二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」の6日、宮城県内は南から暖かな空気が入り込み、春らしい陽気となった。
 仙台管区気象台によると、正午までの各地の最高気温は丸森15.4度、蔵王13.3度、白石13.1度、南三陸12.8度、仙台12.7度など。
 仙台市青葉区熊ケ根の県道沿いでは、フクジュソウが黄色の花を咲かせていた。
 7日の県内は低気圧の影響で雨となり、山沿いは雪が交じる所がある見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月06日水曜日


先頭に戻る