岩手のニュース

<JR盛岡支社>遠野産ホップと大槌復興米の限定ビール、9日発売

JR盛岡支社が発売する復興支援ビール

 東日本大震災の発生から8年となるのに合わせ、JR東日本盛岡支社は9日、遠野産ホップ「IBUKI(いぶき)」と岩手県大槌町の「大槌復興米」を使ったビールを発売する。「仙台や首都圏の観光客にもPRしたい」としている。
 「TONO BEER GOLDEN ALE(トオノ・ビール・ゴールデン・エール)」は、遠野市の酒造会社「上閉伊酒造」が醸造を手掛ける。
 6000本の限定販売で、JR盛岡駅や遠野市の道の駅「遠野風の丘」で取り扱う。330ミリリットル瓶で500円。
 大槌復興米は2012年、津波に見舞われた大槌町の民家跡で見つかった3株の稲から種もみを採取。遠野市のNPO法人遠野まごころネットが栽培を続けている。連絡先は上閉伊酒造0198(62)2002。


関連ページ: 岩手 経済

2019年03月06日水曜日


先頭に戻る