宮城のニュース

<パークジャパン>11日の駐車無料 仙台の255台分、復興後押し

 東日本大震災の発生から8年となる11日、時間貸し駐車場運営のパークジャパン(東京)は仙台市内で管理する全ての駐車場で利用料金を無料にする。
 26駐車場の255台分が対象。無料化は復興支援の一環として2012年以降、毎年3月11日に実施している。市内で管理する駐車場はロック板ではなく、カメラがナンバープレートを読み取り、車の出入庫を確認して課金する仕組み。災害などで停電しても安全に出入庫できるという。
 仙台営業所の担当者は「被災地の復興や地域の活性化を手助けしたい」と話す。同社は2月現在、東京や大阪で約7600台分の駐車場を運営する。震災を受けて11年11月、仙台市宮城野区のビル内に東北初となる仙台営業所を開設した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年03月08日金曜日


先頭に戻る