岩手のニュース

「岩手色」の万年筆インク3種発売 盛岡・筆記具店「ペン」

岩手を色でイメージした万年筆用インク

 盛岡市の筆記具専門店「pen.(ペン)」は8日、復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の一つで岩手を色で表現した「いわてのいいイロ発信プロジェクト」と連携した万年筆用インク3種類を発売する。
 「陸前高田ゆめブロッサム」は東日本大震災の津波到達ラインに植樹した桜並木、「種山高原ギャラクシーブルー」は星空をそれぞれイメージして調合した。「岩手県旗グリニッシュグレイ」は県旗に使われている青緑色を再現した。
 プロジェクトは、岩手県各地の文化や風景を12色で表現する取り組み。浄法寺漆にちなんだ「浄法寺うるわしレッド」なども今後、販売する。
 ペンの菊池保宏代表は「色に込められた地域ごとの物語に触れ、万年筆を使うきっかけにしてほしい」と話す。50ミリリットル入りで3000円(税別)。連絡先はペン019(613)3873。


関連ページ: 岩手 経済

2019年03月09日土曜日


先頭に戻る