宮城のニュース

<女川再稼働>街頭で賛否問い県民投票をPR 仙台「実現する会」

街頭で住民投票の賛否を尋ねたシール投票

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の是非を問う県の住民投票条例案への関心を高めようと、条例制定を直接請求した仙台市の市民団体「県民投票を実現する会」が9日、青葉区の一番町平和ビル前で街頭活動を行った。
 メンバー約20人が参加。住民投票の賛否を通行人に尋ね、ボードにシールを貼って意思表示してもらった。多々良哲代表は「県議会に県民の気持ちを届けよう」と呼び掛け、1時間で約280人の協力を得た。
 条例案は開会中の県議会2月定例会に提出されており、14日に開かれる総務企画、環境生活農林水産の両常任委員会による連合審査会で審議される。多々良代表は「県民の思いを受け止め、熟議を尽くしてほしい」と話した。


2019年03月10日日曜日


先頭に戻る