宮城のニュース

<B2仙台>隙突いて主導権 6戦ぶり白星

 9日、仙台市のカメイアリーナ仙台などで試合が行われ、東地区の仙台は福島を80−56で下し、6戦ぶりの勝利を挙げた。通算成績は27勝19敗で順位は3位のまま。(29面に関連記事)
 山形は西地区の熊本に74−88で、青森は島根に80−82でそれぞれ敗れた。
 10日、東北勢は同じ会場で同じ相手と戦う。

◎隙突いて主導権

仙台(27勝19敗) 80 27―22 56 福島(20勝26敗)
              16― 7
              17―13
              20―14
▽観衆 2002人(カメイ)

 効率よく攻めた仙台が24点差をつけて快勝した。立ち上がりから福島の守備の隙を突いて得点を重ね、主導権を握った。3点シュートを高確率で決め、後半はフリースローの精度も上がってリードを広げた。


2019年03月10日日曜日


先頭に戻る