福島のニュース

人工知能、「縦割り」も学習できます!?

 ◇…福島市役所の玄関口に人工知能(AI)搭載スピーカーが登場した。来庁者が要件を伝えると、庁内の目的地を教えてくれる。民間業者による実証実験で5月まで設置される。
 ◇…「住民票がほしい」と言えば、タブレット端末に「1階市民課」が表示される。市の担当者は「業務案内のデータ約1700件を登録した」と胸を張る。
 ◇…試しに市の夏の風物詩「わらじまつり」を聞いてみた。すると、何とゼロ回答。「商工会議所の事業なので…」と担当者。AIは縦割り行政も学習している?(福島)


関連ページ: 福島 社会

2019年03月10日日曜日


先頭に戻る