宮城のニュース

<仙台防災未来フォーラム>主役は多様な当事者

段ボールのジオラマを前に発表する吉成中の生徒

 仙台市は10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と考える「仙台防災未来フォーラム2019」を青葉区の仙台国際センターで開いた。「主役はマルチステークホルダー(多様な当事者)」をテーマに、若者や女性、障害者、外国人ら多彩な参加者が教訓や活動を伝えた。

 パネル討論、発表、体験型講座、舞台イベントの4分野に35のプログラムを用意。ブース展示を含めて延べ76団体が集まった。
 段ボールでジオラマを作り、学区の地形を学んだ袋原小(太白区)の5年生8人と吉成中(青葉区)の2年生10人は、2メートル四方の作品を前に学習成果を発表した。「危険な場所がないかどうか実際に歩いて調べた」「ジオラマを避難訓練に活用したい」などと話した。
 女性や若者が地域づくりに関わる方法を話し合う講座には33人が6班に分かれ参加した。「リーダーは多様な考えを受け入れてほしい」「意思決定の場に子どもを加えてはどうか」といった意見が出た。
 視覚、聴覚障害者と支援者は震災時の体験を紹介。外国人旅行者の防災上の課題に関する報告もあった。フォーラムは今年で4回目。


2019年03月11日月曜日


先頭に戻る