宮城のニュース

河北新人王戦浅利さん優勝 仙台・囲碁大会

決勝で対戦した浅利さん(左)と佐藤さん

 第32回河北囲碁新人王戦(県囲碁連盟、河北新報社主催)が10日、仙台市青葉区の仙台本町囲碁倶楽部であった。青森市の自営業浅利真行さん(28)が5回目の挑戦で頂点に立ち、河北新報杯を手にした。
 初出場の4人を含む青森、宮城両県の11〜80歳の男性16人が出場。持ち時間45分のトーナメント方式で熱戦を繰り広げた。
 準優勝は仙台市泉区の会社員佐藤翔さん(37)。3位は青葉区の仙台一中2年三浦叡(とおる)さん(14)と、泉区の無職平井竜雄さん(76)だった。
 浅利さんは「東北大出身で、ずっと取りたいと思っていたタイトル。昨年は準優勝で悔しい思いもした。優勝できて自信になった」と喜んだ。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月11日月曜日


先頭に戻る