岩手のニュース

<震災8年>あの日を分かち合う 岩手県・久慈市追悼式

祭壇に花をささげる参列者=11日午後4時ごろ、久慈市

 岩手県は11日、久慈市と合同で東日本大震災の追悼式を開催した。市文化会館であった式には遺族ら約550人が参列し、震災の犠牲者を悼んだ。
 達増拓也知事は式辞で「今年は三陸鉄道リアス線開業や、釜石でのラグビーワールドカップ開催で岩手三陸への注目が集まる。新たな総合計画の下で復興を進めていきたい」と述べた。
 遠藤譲一市長は「防災無線の設置拡大など市民生活の安全確保に取り組みたい」と誓った。
 盛岡市の団体職員松村典雄さん(41)は妻美雪さん(40)、長女雪花(ゆか)ちゃん(6)とともに参列。「震災を知らない娘に犠牲者や遺族の思いを分かってもらいたいと思い、一緒に来た。子どもたちが元気に明るく過ごせるよう復興してほしい」と願った。


2019年03月12日火曜日


先頭に戻る