宮城のニュース

<仙台市いじめ防止条例>議会で可決 来月施行「社会全体で子を守る」

仙台市役所

 仙台市議会は12日の2月定例会本会議で、郡和子市長から提出された「市いじめ防止条例案」を原案通り可決した。学校、市教委、市、保護者、住民の責務を明記し「社会全体で子どもたちをいじめから守る」(郡市長)姿勢を打ち出した。施行は4月1日。

 条例は9章、55条で構成。学校と教職員の責務として「学校全体でいじめの防止、早期発見に取り組む。(いじめに)適切かつ迅速に対処する」と定めた。
 独自性を打ち出すため、各校がいじめ防止対策推進法などに基づき「いじめ防止基本方針」を策定する際、児童生徒からの意見聴取を義務化。いじめを誘発する恐れがあるとして教職員の体罰、不適切な指導を禁じた。市や市教委の担当者、教職員らを対象にした罰則は設けなかった。
 地域の交流が子どもたちの自己有用感や自己肯定感を育むとして「保護者は地域の活動や行事に参加させるよう努める」「住民は児童生徒との交流に努める」と規定した。
 市や市教委のいじめ防止対策は、新たに常設する「市いじめ防止等対策検証会議」が毎年度点検する。
 市内では2014年以降、中学生がいじめを苦にした自殺が3件相次いだ。郡市長は17年市長選でいじめ対策を最重点公約に据え、条例制定の必要性を訴えた。
 本会議後、郡市長は「二度と悲しい事案がないよう条例の理念を広く伝え、学校でいじめに対する感度を上げる取り組みを進める」と述べた。いじめ防止に関する条例は東北では弘前や塩釜、新庄、会津若松の各市で制定されている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年03月13日水曜日


先頭に戻る