宮城のニュース

<楽天>辛島「状態悪い中でも対応できた」

辛島 航

 オープン戦初先発の東北楽天の辛島が、開幕ローテーション入りへアピールした。4回を被安打1にまとめ無失点。「状態が悪い中でも、ある程度対応できた」と結果に納得している様子だった。
 変化球を低めに集め、打たせて取る投球を心掛けた。一、二回は制球に苦しみ2四死球を与えたが、三回以降は修正してみせた。平石監督から「まずまず。ローテーション入りへ前進している」と評価を得た。
 課題は直球。体の正面が打者に向くタイミングを、ぎりぎりまで抑えるフォームに改良中だ。一気に体を回すことで直球に効率よく力を伝えられるという。この日は「理想と違った。練習してきたことができなかった」と不満を示した。
 エース則本昂の離脱で投手陣一人一人の成長が求められる中、「1年は長いので内容を求めてやっていく」と、あくまで自分に厳しかった。


2019年03月13日水曜日


先頭に戻る