福島のニュース

<東京五輪>聖火リレーJヴィレッジ出発決定 「復興アピールの好機」福島歓迎

 2020年東京五輪の聖火リレー出発地がJヴィレッジと発表された12日、地元の福島県楢葉、広野両町の関係者は「東京電力福島第1原発事故などからの復興をアピールする絶好の機会」と歓迎した。
 「スポーツは人や地域をつなげる。聖火が目の前を走れば世界に注目され、事故後にスポーツから遠のいた子どもたちが再び親しむきっかけになる」。広野町で地域スポーツクラブを運営するNPO法人広野みかんクラブの大和田幸弘事務局長は期待した。
 東日本大震災と原発事故の複合災害と闘ってきた福島県浜通り地方。聖火リレーの誘致に取り組んだ松本幸英楢葉町長は「この上ない喜び。町民を巻き込んでスタートを華々しく飾りたい」と喜んだ。
 Jヴィレッジを出発地とする案は昨年12月、県内のルートを検討する県実行委員会が提唱していた。内堀雅雄知事は「国内外からの支援への感謝とともに復興へ挑戦を続ける県の姿や福島の魅力を発信したい」との談話を出した。
 原発事故の対応拠点となったJヴィレッジは4月20日に全面再開する。運営会社の小野俊介専務は聖火リレー出発に向けて「責任を感じる。被災3県の復興を代表する気構えで準備したい」と気を引き締めた。


関連ページ: 福島 社会

2019年03月13日水曜日


先頭に戻る