宮城のニュース

<いちおし土産>表情豊かに4色展開 ラフデザイン(大崎市)のパタ崎さんキッズTシャツ

四つのデザインを採用したパタ崎さんキッズTシャツ

 宮城県大崎市に飛来し、そのまま居着いたマガンをイメージした市のイメージキャラクター「パタ崎さん」。子どもたちに人気のパタ崎さんのさまざまな表情を採用したのが、新発売するパタ崎さんキッズTシャツだ。
 黄、白、黒、グレーの4色を用意。黄は大崎が大好きなパタ崎さんをアメリカンコミック風にデザインし、白は下地に映える赤い文字で「パタ崎さん愛」を表現した。グレーはこけしや温泉、日本酒といった大崎市の名物と競演させ、黒は五つある冠バッジの意匠をそのまま採用した。
 Tシャツの販売に合わせて撮影会を企画し、子どもたちのモデルも選んだ。デザイン会社、ラフデザインの山内泰弘社長(40)は「パタ崎さんをもっと好きになってもらうよう、愛着が湧くデザインを考えた。着続けることで、自分の住む地域も好きになってもらいたい」と話す。

<メモ>価格は白と黄が2000円、黒とグレーが2700円。サイズは100〜130センチ。4月販売開始予定で、大崎市観光物産センターDozo、あ・ら・伊達な道の駅、東北自動車道長者原サービスエリア(下り)などで購入できる。


2019年03月14日木曜日


先頭に戻る