宮城のニュース

<楽天>外国人枠争うブセニッツが好投「結果を残していくだけ」

 東北楽天のブセニッツが六回に登板し三者凡退に抑えた。「良かった。直球もチェンジアップもうまく投げられた」と振り返った。
 前回登板した9日の西武とのオープン戦(倉敷)は直球とカーブだけを投げ1回2失点と乱れた。この日はチェンジアップを有効に使って一人の走者も許さなかった。「チェンジアップをもっと投げておけば良かった」と笑った。
 現在1軍にいる外国人選手は投手、野手合わせて5人。開幕後の外国人選手枠は4人で1人が外れる。ブセニッツは「野球をやっている以上、(争いは)付き物。いいパフォーマンスをして結果を残していくだけ」と語った。


2019年03月14日木曜日


先頭に戻る