宮城のニュース

<ベガルタ>梁勇基、2年ぶりゴール「久しぶり過ぎてうれしかった」

梁勇

 仙台の梁勇基が公式戦で2年ぶりにゴールを決めた。前半16分、ボールを奪って攻め上がった富田からパスを受け、右足で放ったシュートでゴールネットを揺らした。「パスが来た時点でゴールまでの一連の流れはパッと思い浮かんだ。(富田)晋伍のパスでほぼ決まった」と感謝する。
 昨季はリーグ戦でも最少の14試合出場にとどまるなど苦しんだ。16年目で迎えた今季は「このままでは終われない」と決意。開幕前のキャンプに意欲的に取り組んだ。成果が出て「得点は久しぶり過ぎてうれしかった」と歓喜に浸った。


2019年03月14日木曜日


先頭に戻る