岩手のニュース

<選抜高校野球>盛岡大付の及川主将「鍛えた打撃力発揮したい」

 第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、出場32校の対戦カードが決まった。
 盛岡大付(岩手)は第3日の第2試合で21世紀枠の石岡一(茨城)と、八戸学院光星(青森)は第4日の第2試合で広陵(広島)と対戦する。平成最後となる甲子園大会は23日に甲子園球場で熱戦の火ぶたが切られる。



 盛岡大付は21世紀枠で初出場する石岡一と当たる。関口監督は「昨夏の金足農(秋田)に続く農業高校の勢い、甲子園の怖さがある。打撃戦に持ち込みたい」と話した。
 前回出場の2年前は、過去最高の8強入りを果たした。今大会で初戦を突破すれば、春夏合わせて10勝目となる。及川主将は「相手がどこでもやることは変わらない。守備のミスを減らし、鍛えてきた打撃力を発揮したい」と力強かった。


2019年03月16日土曜日


先頭に戻る