宮城のニュース

<ベガルタ>豊富な運動量の相手との攻防に、蜂須賀「かわすことなく立ち向かう」

湘南戦に向けた練習で仲間と競り合う蜂須賀(左)=16日

 勝負の鍵は「1対1」。仙台と湘南の基本布陣は同じ「3−4−3」で、双方が相対する「ミラーゲーム」となる可能性が高い。豊富な運動量を誇る相手との攻防を制するため、蜂須賀は「かわすことなく立ち向かう」と覚悟を決める。
 15日の練習。1対1の攻防を意識し、選手同士でボールを激しく奪い合った。「湘南は球際が強く、全員がハードワークができる。いかに相手より走ることができるか表現したい」と蜂須賀。開幕3戦未勝利の苦境の打破へ気合を高める。
 昨季の苦い経験を糧にする。湘南とのルヴァン杯プレーオフの第1戦、基本布陣と違う「3−5−2」で臨んだが、後手に回って0−3の大敗。第2戦は「3−4−3」に戻し、ほぼ一方的に攻めて3−1で快勝も得失点差で敗退した。
 選手10人が新加入した今季は「仙台の戦い方をたたき込んでいる最中で、今は2トップに変える対応力はない」と渡辺監督。その分、選手起用での変化も狙う。前節の神戸戦で新加入の石原崇が初先発し、左サイドで持ち前のスピードを生かした。2戦連続出場へ「素早い攻守の切り替えを意識したい」と貢献を誓う。
 リーグ戦と選手を入れ替えて戦うルヴァン杯は2戦全勝と好調。「誰が出ても仙台のサッカーを表現でき、チーム状態が良くなっている途中だと思う」と蜂須賀。真っ向勝負でリーグ戦初勝利を目指す。(原口靖志)


2019年03月17日日曜日


先頭に戻る