宮城のニュース

<楽天>オープン戦初登板の安楽、2回1失点 直球に切れ増す

安楽智大投手

 オープン戦に初めて登板した東北楽天の安楽が2回1失点。キャンプで力みのない投球フォームを追求した結果、直球に切れが増し、失点と被安打は五回のソロだけだった。「打球を詰まらせることができた」と収獲を口にした。
 反省したのはアルモンテに浴びた一発。2球で2ストライクに追い込んだ後、高めに抜けたフォークボールを捉えられた。「変化球の精度をもっと高めないと」と語った。
 昨春のキャンプで右肩を痛め、昨季の登板は2試合に終わった。中日の与田監督は昨季まで東北楽天の投手コーチを務め、支えてくれた恩師。安楽は「もっとがんばっている姿を見せたい」と決意を示した。


2019年03月16日土曜日


先頭に戻る