宮城のニュース

<ベガルタ>永戸、古林とのマッチアップ心待ち

永戸勝也選手

 永戸がかつての仲間との対戦を心待ちにする。昨季までチームメートだった湘南の古林が右ウイングバックで出場すれば、マッチアップする可能性がある。「仲が良かったので対戦が楽しみ。手の内はお互い分かっていると思う」と意気込む。
 成長した姿を見せる。今季は左ウイングバックから3バック左に本格的に転向。最終ラインでの守備に一層力を尽くし、攻撃ではセットプレーのキッカーを多く担う。神戸戦では右CKをシマオマテの頭に合わせて先制ゴールを演出した。「セットプレーの感触がすごく良い。次も好機があれば、アシストやゴールにつなげたい」と手応えは十分。再会の場で攻守とも活躍を誓う。


2019年03月16日土曜日


先頭に戻る