宮城のニュース

<参院選>1人区「断固勝ち抜く」 自民・加藤総務会長、仙台で講演

参院選に向け態勢強化を求めた加藤氏=17日、仙台市青葉区

 自民党の加藤勝信総務会長は17日、仙台市であった党宮城県連大会で講演した。夏の参院選について「全国32の1人区をどれくらい獲得できるかが重要になる」と述べ、宮城を含めた改選数1の選挙区の対応に力を入れる考えを示した。
 改選数が2から1に減る宮城選挙区に関して「2人区と1人区では(情勢が)全く違う。しっかりと思いを持ち、党現職には先頭に立って走ってほしい」と訴えた。
 第1次安倍政権時の2007年参院選で当時29あった1人区が6勝にとどまったことを念頭に「自民は1人区で大敗し、(結果的に)野党に転じた。今回は断固として勝ち抜かねばならない」と述べた。
 10月に控える消費税率引き上げについては、社会保障の観点からの必要性を強調し「小規模事業者に対するポイント還元など所要の施策を通じ、経済への影響をできるだけ抑える」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年03月18日月曜日


先頭に戻る