宮城のニュース

<楽天>藤平、要所締め5回2失点 残り2枠の先発入り狙う

東北楽天―中日 5回無失点と好投した東北楽天先発の藤平(中日新聞)

 岸、美馬、辛島、福井の4人が当確となっている東北楽天先発陣の残り2枠へ、滑り込みを狙う若手が現れた。高卒3年目の藤平が5回を無失点。毎回走者を背負ったものの、三つの併殺で切り抜ける粘りの投球だった。
 降板後は「まずは結果を残さないといけない立場なので良かった」とほっとした表情。前日の先発で四回途中4失点でKOされ、2軍降格した池田の姿を見ていただけに必死だった。
 本来150キロ前後を誇る直球は最速139キロ。本調子に程遠かったとはいえ嶋の好リードに助けられ、変化球を織り交ぜ速球を生かす組み立てを見せた。一回1死一、三塁では、ビシエドを138キロで注文通り遊ゴロ併殺に仕留めた。
 2017年9月、エース則本昂でも止められなかった大型連敗を10で終わらせたのが、当時高卒新人の藤平。則本昂が右肘の故障で離脱した今回も「則本さんの穴を若手みんなで埋めたい。則本さんが戻るまでチームがいい順位にいられるように力になりたい」と決意を明かす。
 藤平は投球内容の改善を願う首脳陣から「1週間後に追試」(伊藤投手チーフコーチ)と先発枠入りの最終判断を見送られたが、昨季に続く開幕ローテーション入りを目指し「気持ちのこもった真っすぐを取り戻したい」と誓った。(金野正之)


2019年03月18日月曜日


先頭に戻る