宮城のニュース

<楽天>藤平が粘投、逃げ切る

東北楽天−中日(13時1分、静岡、7,703人)
中  日000000011=2
東北楽天30001000×=4
(勝)藤平2試合1勝
(S)ブセニッツ4試合1S
(敗)又吉2試合1敗

 東北楽天が逃げ切り、広島と並んでオープン戦首位に立った。一回に島内、銀次の適時打などで3点を挙げ、五回にも浅村の犠飛で1点を追加した。先発藤平は5回5安打ながら要所を締めて無失点。救援陣4人が1回ずつを投げ、宋家豪とハーマンは無失点だったが、青山とブセニッツはそれぞれ1点を許した。
 中日は先発又吉が3回4安打3失点とつかまった。

☆イヌワシろっかーるーむ

<島内宏明外野手(オープン戦2度目となる先発4番を任され、一回に先制の右前適時打)>
 「遠くに飛ばす意識を持って打てたのが良かった。でも、浅村の次に打つのは何か変な感じですね」

☆熱血平石語録

<物足りないかな>
 「ボールも走っていなかったし、物足りないと言えば物足りないかな。調子が悪い中でも結果を出したことは良かったけれど」(先発藤平の投球内容に対する評価を問われて)


2019年03月18日月曜日


先頭に戻る