秋田のニュース

<秋田内陸線>全線開業30周年 お座敷車両を特別料金で 貸し切り運行4月から

内装をリニューアルしたお座敷車両(秋田内陸縦貫鉄道提供)

 秋田内陸線を運行する第三セクター秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は4月1〜18日、全線開業30周年記念として、お座敷車両を特別料金で貸し切り利用できるキャンペーンを実施する。
 「30周年サンキュー列車」と銘打ち、1人当たり3900円で提供する。料金には弁当代が含まれ、限定のどら焼きの土産が付く。
 定員40人で、20人以上での貸し切りが条件。利用は1日1グループに限る。通常ダイヤの列車に連結して運行し、鷹巣駅と角館駅を結ぶ全線の区間内で発着駅を指定できる。
 内部が畳敷きのお座敷車両は今月9日に内装工事が完了し、リニューアル記念の意味もある。同社は「ママ会や歓送迎会などに気軽に利用し、くつろいでほしい」とPRする。
 乗車2週間前までに予約が必要。連絡先は同社0186(82)3231。


関連ページ: 秋田 社会

2019年03月18日月曜日


先頭に戻る