宮城のニュース

免許証の自主返納者は市バス運賃1年間半額! 宮城・大崎市で来月の手続きから

 大崎市は4月から、市内在住の運転免許証の自主返納者に市民バスなどの運賃を1年間半額にする事業を実施する。
 高齢運転者の交通事故防止策の一つとなっている運転免許の自主返納を促す事業。警察署などで自主返納手続きを終えた住民にバスなどの割引乗車証を発行する。対象は4月1日以降に手続きを取った自主返納者で、年齢は問わない。
 利用できるのは、清滝線など市内7カ所を回る市民バス、中心市街地巡回線、市営バス鬼首線など。市内で運行する地域内交通の一部でも支援を受けられる。
 2017年の市内の自主返納者は223人。市まちづくり推進課は「公共交通の利用を一部サポートする仕組みを作らせていただいた。運転に不安のある方は自主返納を検討してみてほしい」と話す。連絡先は同課0229(23)5069。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月19日火曜日


先頭に戻る