宮城のニュース

小学生剣士450人が熱戦 加美で剣道大会

白熱した戦いを繰り広げる小学生剣士たち

 県内の小学生剣士が腕を競う「北雄館竜世旗・宮沢杯争奪少年剣道大会」(加美北雄館など主催)が17日、加美町中新田体育館であった。48団体の65チーム、約450人が参加。団体戦と個人戦4部門で熱戦を繰り広げた。
 大会は2003年9月に交通事故で亡くなった加美町の少年剣士、橋本竜世君=当時(6)=の「剣道で日本一になる」という夢を受け継ごうと、04年に始まった。

<各部門の優勝者は次の通り(敬称略)>
 ▽団体 尚武殿一森山道場(塩釜市)▽2年生以下個人 吉田修也(正心学館)▽3.4年生 関寺菜月(松井剣志会)▽5.6年生男子 斉藤真斗(古城剣修館)▽同女子 小沢由萌(多賀城大代剣道教室)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年03月19日火曜日


先頭に戻る