岩手のニュース

<三鉄リアス線23日開業・つながる鉄路>(1)準備完了/響け待望の発車ベル

リアス線開業に向けて旧山田線区間で続く訓練運転

 北から南まで163キロ。岩手の海岸線が1本のレールで結ばれる。JR東日本から移管される山田線の宮古−釜石間(55.4キロ)が南、北リアス線をつなぎ、第三セクター三陸鉄道(宮古市)のリアス線が23日開業する。東日本大震災から8年。三陸の浜に復興の笛が響く。

 赤、青、白のトリコロールカラーに彩られた車両が行く。旧山田線の宮古−釜石間では2月以降、三鉄の訓練運転が続いていた。
 「よくぞ、ここまで」。宮古市津軽石地区にある自治会、本町協力会の会長若狭斌(たけし)さん(80)が、快走する訓練車両をまぶしそうに見詰めた。
 高校時代は列車通学。就職した後も鉄路は生活の一部だった。暮らしの中にあって当たり前の旧山田線はあの日、押し寄せた津波で8.5キロ分のレールが流失し、列車が横倒しになった。
 南、北リアス線は2014年春に全線開通を果たしたが、旧山田線区間の復旧は遅々として進まなかった。
 「カンカン鳴り響く踏切の音は、沿線住民にとって時計代わりだったんだよ。懐かしいなあ」と若狭さん。止まっていた時計が、8年ぶりに動きだす。

<念願の新駅実現>
 市内の払川駅は三鉄への移管を機に新設が決まった。周辺の住民にとっては、震災前から要望してきた念願の駅開設だ。払川地区の自治会長中嶋栄さん(75)は「買い物や通院に利用する人が増えるのではないか」と期待する。
 開業日の記念列車は払川地区の住民が小旗で出迎える計画だ。中嶋さんは「できる限りのことをして歓迎の意思表示をしたい」と語る。
 安全対策も進む。訓練運転に合わせて2月、宮古市磯鶏小(274人)の子どもたちが学校近くの踏切で安全講習に臨んだ。訓練車両で速度を体感し、遮断機が上がったのを確かめて踏切を渡った。
 旧山田線区間の踏切は49カ所。このうち10カ所には警報機と遮断機がない。三鉄の牧田中彦運行本部副部長は「生まれてから一度も列車の走る様子を見たことがない子どももいる。注意して踏切を渡ってほしい」と呼び掛ける。

<復旧は沿線総意>
 三鉄にはバス高速輸送システム(BRT)の導入で早期開業を図る選択肢もあった。しかし沿線自治体は、時間をかけてでも鉄路復旧の道を選んだ。
 山本正徳宮古市長は「鉄路は三陸にとって重要なライフライン。絶対に残したかった」。それが沿線住民の総意だった。
 23日、8年の歳月を埋めて始発列車のベルが鳴る。(宮古支局・佐々木貴)


関連ページ: 岩手 社会

2019年03月19日火曜日


先頭に戻る