宮城のニュース

<羽生結弦>「状態は100パーセント」「勝ちたい欲求に素直に」

記者会見で質問に答える羽生

 羽生は公式練習後に記者会見し、本番への意気込みなどを語った。

 −故障から、状態は何パーセントに戻っているか。

 「胸を張って100パーセントと言える。シーズン前に理想としていた100パーセントではないかもしれないが、世界選手権に向けた今のコンディションとしては、100パーセントだと思っている」

 −世界選手権で何を成し遂げたいか。

 「練習と試合を含めた全ての自分に勝ち切れる演技をすることが一番の目標。回復すべきところでしっかり回復して、集中すべきときに集中し、楽しむときは楽しむ」

 −負傷明けで臨んだ平昌五輪の経験は生きたか。

 「うまく生かせた。試合に出られなかった期間に、どう気持ちをつくればいいか、どう日々を過ごせばいいか、けが明けがどれほど苦しいか、経験した上で今回は準備できた」

 −どんな練習に取り組んできたか。

 「一つ一つの完成度を高める練習から始め、右足首の強度を上げていった」

 −本番への思いは。

 「正直、(けがを押してフリーを滑り、優勝した)ロシア杯で燃やし尽くせたかなと思う。ただ、試合に出られない時期はつらく、油も火もあるんだけど、小さい部屋でずっと燃えている感じだった。やっと今、大きな箱の中で光って暴れ回る炎になっている」
 「勝つという意識は、競技者として一番持たないといけないもの。相手に勝つだけでなく、自分に勝った上で、自分の中で煮えたぎっている勝ちたいという欲求に対して、素直になりたい」


2019年03月20日水曜日


先頭に戻る