岩手のニュース

<三陸鉄道>リアス線開業PR 社員ら営業距離にちなみ163人で「パネル絵」

163人で描いた三陸鉄道の車体デザイン

 三陸鉄道リアス線の23日開業をPRしようと、本社を置く宮古市の職員と三鉄社員が19日、パネルを掲げて車両デザインを描くデモンストレーションを行った。
 盛(大船渡市)−久慈間163キロを結ぶことにちなんで163人が参加。縦11メートル、横12メートルの絵を浮かび上がらせて開業ムードを盛り上げた。市のホームページに掲載するほか、三鉄のポスターにも活用するという。
 山本正徳市長は「4日後に迫った一貫運行をみんなで盛り上げたい」とあいさつ。三鉄の中村一郎社長は「開業に向けてしっかり準備したい」と話した。


関連ページ: 岩手 経済

2019年03月20日水曜日


先頭に戻る