秋田のニュース

モンベルが秋田初出店 美郷の道の駅に来年4月以降

美郷町に出店する直営店について、佐竹知事(手前)に概要を説明する辰野会長(中央)と松田町長=19日、秋田県庁

 アウトドア用品メーカーのモンベル(大阪市)は19日、秋田県美郷町に県内初となる直営店を出店すると発表した。店舗は道の駅「雁(かり)の里せんなん」の敷地内に整備され、2020年4月以降の開業を予定する。
 同社の辰野勇会長と、松田知己町長が県庁で記者会見を開いた。「モンベルあきた美郷町店(仮称)」は敷地面積約960平方メートル。建物の規模は未定という。建設費は2億円以上を見込み、町は1億円を限度に補助する。
 町とモンベルは1月に包括連携協定を締結しており、今後アウトドアイベントを共催するなどしていく。松田町長は「町内の資源を生かして県内外から人を呼び込みたい」と交流人口の拡大に期待を寄せる。
 モンベルは全国に約130の直営店があり、都市部以外の人口の少ない地域にも積極的に出店している。
 辰野会長は「訪れた人を迎えてくれる居心地の良さを感じた」と美郷町を評し、「地元が元気になったと思えるような存在になりたい」と出店の意義を強調した。
 記者会見に先立ち、両氏は佐竹敬久知事を表敬訪問した。


関連ページ: 秋田 経済

2019年03月20日水曜日


先頭に戻る