宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>前に向かうプレーを意識/辛島監督一問一答

開幕戦に向けた練習を見詰める辛島監督

 今季のリーグ戦開幕を前に、辛島監督に今季に懸ける思いを聞いた。

 −台湾キャンプなどで、どの部分を重点的に鍛えてきたか。
 「攻撃面ではボールをつなぐこと、前に向かってプレーすることを意識してきた。守備面では各自がポジショニングやブロックの位置に気を配り、1対1の球際で負けないことに力を注いだ」

 −ここまでの仕上がり具合はどうか。
 「1年間戦うことを考慮すると、今は50パーセントぐらい。判断ミスなど質の部分でまだ不足していることがある。試合の中で浸透させて、残りを埋めていきたい」

 −開幕戦の先発メンバーは固まったか。
 「経験豊富な選手が中心になると思うが、新加入も含め、キャンプや練習で調子が良かった選手も組み込む方向で考えている」

 −中2日の24日にはホーム開幕戦でINAC神戸を迎える。
 「神戸は毎年上位に来る強豪。個人技に優れる選手も多い。守勢に回る場面が多くなるだろう。粘り強く守りつつ、カウンターなどでゴールに向かうシーンを多くつくりたい。最低でも勝ち点1は取りたい」


2019年03月21日木曜日


先頭に戻る