秋田のニュース

<地上イージス>調査期限を5月に延長 防衛省

 防衛省は20日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)での適地調査で、項目を追加するため調査期限を今月末から5月に延長すると発表した。
 東北防衛局によると、追加するのは電波環境と地質の各調査。演習場で今月行った対空レーダーを使った実測調査の結果と机上計算値に、想定以上の開きがあったため原因を分析する。
 地質調査では雨水排水施設の整備・検討のため、ボーリングで得た土のサンプルを用いて地盤の透水性を分析する。施設を配置したジオラマを作成する。
 防衛省は新屋演習場とむつみ演習場で、昨年10月に配備が可能かどうかを検討するための調査に着手。本年度内に調査を終え、結果を新年度に地元自治体に報告するとしていた。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年03月21日木曜日


先頭に戻る