福島のニュース

<はるか2019>不屈の魂、鶴ヶ城に投影 会津若松できょうからプロジェクションマッピング

鮮やかな映像で彩られた鶴ケ城=20日午後7時ごろ、会津若松市

 会津若松市の鶴ケ城で21〜23日開催のプロジェクションマッピングイベント「はるか2019」の映像が20日夜、一部公開された。
 鶴ケ城では5回目の開催。前回作「戊辰の風 花の雲」をバージョンアップし、戊辰戦争を戦った会津の先人たちの、試練に立ち向かう勇気と不屈の魂を表現したという。20日は関係者が映像を最終調整した。
 作品は約15分。各日午後6時半から4回上映する。毎回、仙台市出身の歌手森公美子さんが天守閣最上階に登場し、復興支援ソング「花は咲く」を歌う。
 民間団体の主催で市が共催する。観覧無料で事前申込制。イベントの特設ホームページで受け付けている。観覧に空きがある回は当日に会場でも直接申し込める。連絡先は市観光課0242(39)1251。


関連ページ: 福島 文化・暮らし

2019年03月21日木曜日


先頭に戻る