広域のニュース

<東京五輪・パラ>仮設住宅廃材をトーチ材料に利用 モチーフは桜の花

桜をモチーフにした聖火リレーのトーチを手にする野村さん(右)と吉岡さん=20日、東京・虎ノ門

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の聖火リレーで使うトーチを公開した。桜の花をモチーフにしたデザインで日本らしさを表現。素材には東日本大震災の被災地に建てられたプレハブ仮設住宅のアルミサッシの廃材を活用し「復興五輪」のメッセージを込めた。
 トーチは長さ71センチ、重さ1.2キロ。色は桜色と金色を合わせた「桜ゴールド」で上から見ると桜の花びらの形をしている。接ぎ目がない「アルミ押出成形」と呼ばれる手法を用い、高い技術力もアピールする。
 1本当たりに使うアルミの約3割に、プレハブ仮設住宅のアルミサッシを再利用した。岩手、宮城、福島の被災3県で被災者が避難生活を送った824戸の窓枠に使われていた。
 有識者の審査会を経てデザイナーの吉岡徳仁さん(52)の設計を採用した。15年秋に南相馬市の小学校を訪れた際、子どもたちが描いた桜の絵からヒントを得たという。
 都内であった発表会で吉岡さんは「東京開催が決まった直後から、被災者の心の復興につながることができないかと考えていた。思いやりや助け合いが日本の美しさ。それをトーチにしたかった」と話した。
 聖火は来年3月12日にギリシャで採火され、同20日に東松島市の航空自衛隊松島基地に到着。被災3県で「復興の火」として展示した後、同26日に福島県楢葉町、広野町の「Jヴィレッジ」から121日間の聖火リレーがスタートする。
 組織委は広報活動に当たる公式アンバサダーも発表。柔道男子で五輪3連覇の野村忠宏さん、仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」らが務める。


関連ページ: 広域 社会

2019年03月21日木曜日


先頭に戻る