宮城のニュース

新年度また笑顔で 仙台市内の全小中学校183校で修了式

初めて受け取った修了証書を友達と見る児童=22日午前9時30分ごろ、仙台市青葉区の八幡小(画像の一部を加工しています)

 仙台市内の全小中学校183校で22日、修了式があった。子どもたちは楽しかったり頑張ったりした学校生活を思い返し、新学年への期待を膨らませた。
 青葉区の八幡小(児童675人)では、午前8時50分から修了式があり、小石俊聡校長が「今日は1年間を振り返り、友達の笑顔や、先生や家族からもらった言葉を思い出す日にしてほしい」と呼び掛けた。
 各クラスでは担任から一人一人に通信表と修了証書が渡された。1年1組の斎藤菫(すみれ)さん(6)は「家から学校までは坂があって少し遠かったけど、毎日頑張って通うことができた。4月に東京の学校に転校しても、またみんなに会いに来たい」と話した。
 仙台市内の小中学校は23日から4月7日まで春休み。8日に始業式を行う。入学式は全小学校120校が8日、全中学校64校が9日に実施する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月22日金曜日


先頭に戻る