岩手のニュース

被災地元気に「盛岡鉄道まつり」 24日まで開催

ミニ新幹線に乗る親子連れ

 「盛岡鉄道まつり」が21日、盛岡市のアイーナで始まった。多くの親子連れがミニ新幹線に乗ったり本物の機関車の運転台に座ったりして楽しんだ。24日まで。
 東日本大震災の被災地を元気づけようと市内の鉄道用品専門店「カラマツトレイン盛岡店」が主催し、今年で7年目。物販コーナーには鉄道模型や駅の標識計8500点が並んだ。
 ミニ新幹線に乗った奥州市の幼稚園児佐々木大智(たいち)ちゃん(4)は「線路の上を走るのが速くて楽しかった」と話した。
 午前10時〜午後5時(最終入場は午後4時半)。入場料は中学生以上600円、4歳以上小学生以下300円。連絡先はカラマツトレイン盛岡店019(622)2900。


2019年03月22日金曜日


先頭に戻る