山形のニュース

アートな思いのみ込もう ぜいを尽くしたそば猪口126点展示

金、銀、漆、白磁、ガラスなどの素材を使い分け、高い芸術性が魅力のそば猪口

 金、銀、漆、白磁、ガラス…。ぜいを尽くした小さな器の一つ一つは、どれも本来の用途を忘れてしまうほどに美しい。
 山形県白鷹町の文化センター「あゆーむ」で開催中の「そば猪口(ちょこ)アート公募展」。前期、後期に分けて計126点が展示されている。
 キャッチフレーズは「手のひらで昇華するアート」。数ある食器の中でなぜ、そば猪口にこれほど高い芸術性を求めるのか。主催者の思いがのみ込めるまで、ズルズルズルーっと、ご覧あれ。展示は24日まで。
(米沢)


関連ページ: 山形 社会

2019年03月22日金曜日


先頭に戻る