宮城のニュース

<石巻市>汚染廃、本焼却終了 異常値「認められず」

 石巻市の亀山紘市長は22の定例記者会見で、東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物の処理が終了したと発表した。空間放射線量などの異常値は「認められなかった」と述べた。処理完了は県内の4圏域で初めて。
 市廃棄物対策課によると20日に本焼却を終えた。焼却灰は25日までに、市内の河南一般廃棄物最終処分場へ搬入する予定。
 市は昨年10月に試験焼却を市石巻広域クリーンセンターで実施し、同年11月に本焼却を始めた。市内で保管する2000〜5500ベクレルの稲わら約70トンを一般ごみと混ぜ、焼却灰の放射性セシウム濃度が市の基準(400ベクレル以下)を下回るよう処理した。
 亀山市長は「400ベクレル以下に抑えられ、順調に推移した」と総括した。
 汚染廃棄物の処理は、仙南が5月に本焼却を予定。黒川は農地還元など焼却以外の方法を含め検討中で、大崎では試験焼却が続く。


2019年03月23日土曜日


先頭に戻る