広域のニュース

東京・丸の内で被災3県の味をPR きょうまで催し

3県の特産品を買い求める人でにぎわった「マル・デ・トウホク」

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の特産品の販売を通じて魅力を発信し、復興の状況を伝えるイベント「マル・デ・トウホク」(三菱地所、河北新報社主催)が22日、東京・丸の内の丸ビルで始まった。23日まで。
 セレモニーで三菱地所の吉田淳一社長は「復興と3県の創生に向けて、豊かな食材や観光地など各県の良さをPRしたい」とあいさつ。河北新報社の一力雅彦社長は「海から山までたくさんの魅力が詰まっている地域。3県への関心を高め、足を運ぶきっかけにしてもらいたい」と呼び掛けた。
 地酒や水産加工品、リンゴやモモの加工品の販売のほか、復興の現状を伝えるパネル展示もある。仙台市の観光PR集団「伊達武将隊」の演舞もあった。
 石巻市寄磯浜産のワカメやウニ、アワビの加工品を販売したマルキ遠藤(石巻市)の遠藤由紀取締役は「震災後、本格的に加工品の製造販売を手掛けるようになった。寄磯産の海産物のおいしさを多くの人に知ってもらいたい」と語った。


関連ページ: 広域 経済

2019年03月23日土曜日


先頭に戻る